賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸では大きなリフォームなどはできませんが、簡単なアレンジをすることで、自分らしい部屋にすることができます。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸を自分らしくアレンジする方法

賃貸の部屋はどこか味気ない。自分らしくアレンジをしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。けれど、部屋に傷をつけてしまうのは怖いですし、どんなふうにすればいいのか、なかなかわからないですよね。そこでここでは、大げさなアレンジではなく、小さなアレンジを重ねることで、自分らしい部屋を作る方法を書きたいと思います。

賃貸の部屋でありがちなのは、住むだけの部屋なので、色味に欠けていることだと思います。ですので、まずは小さな鉢植えでも置かれてみてはいかがでしょうか。観葉植物でも構いませんし、植物の世話なんて面倒だ、という人ならば、造花でもいいでしょう。家具の上などにちょっと色味があるだけで、ずいぶんと印象が変わります。また、カーテンを交換してみる、というのもいい方法ですね。自分好みの色やデザインのカーテンに交換すれば、それだけで気分も明るくなりそうです。カーテンに合わせて、電気や家具の色も合わせてみる、というのも方法です。主電気を交換するのはちょっと、という人は、小さなランプなどを購入してみてはいかかでしょうか。家具も、それほど大きなものではなく、ちょっとした物入れ程度の物でしたら、値段もかかりませんし実用性もありますね。また、賃貸の部屋は、一般的にはそれほど広くはありません。物であふれているようで圧迫感を覚える、という人は、収納を隠すという方法はいかがでしょうか。ごちゃごちゃとした物が見えなくなるだけでも、ずいぶんとすっきりとした印象になります。これには、布やカッティングシートなどを利用すればいいでしょう。これらの色やデザインだけでも、自分らしさがアピールできそうですね。

賃貸といえども、生活の拠点であり、快適に生活したいものです。自分好みのアレンジは、さほど難しくはありません。気分転換をするように、手軽なアレンジを楽しんでみて下さい。