賃貸に住んでいて嫌なこと

店舗用の賃貸物件は、駐車場の有無を調べておくことが大切です。車線の方向についても注意しましょう。

賃貸に住んでいて嫌なこと

店舗向けの賃貸について

店舗用の賃貸不動産物件は、一般的な住宅用の物件と用途が異なります。なので、人に貸し出すのならば住居としての使い方とは別に考えることが必要です。まず、店にはお客さんが来るということが前提です。つまり、お客さんが出入りしやすい場所の確保が最も大切なことだと言えます。都心にある店舗でなければ車でくるお客さん用に駐車場があるということは高いポイントになります。この駐車場というのは結構大きなポイントで、これがあるかないかで店舗として価値があるかないかの分かれ目となることもあります。なので、まずは店舗用の賃貸物件は駐車場がついているかどうか、もしついていないのならば近くに借りられる場所があるか、ということをチェックしておくことが必要です。

もう一つ注意しておきたいことに車線があります。いくら駐車場つきのお店と言っても、車が一度回ってこなければならない向きにしか入る事のできない場所にあると集客力が落ちてしまいます。特に郊外に店舗を構えるのならば駐車場と車線については事前に確認しておく必要がありそうです。逆に都心の場合ならばほとんど車で来る人がいないという状況が多いですから、駐車場のことはさほど考慮しなくても良いでしょう。

賃貸に関連するオススメサイト