賃貸に住んでいて嫌なこと

地方から東京に転職をすると賃貸の高さなどがネックになると言えます。その違いについて説明しました。

賃貸に住んでいて嫌なこと

東京の賃貸と地方との違い

地方から東京に出ようという人はいると思います。その場合には当然、賃貸を借りるということになるでしょう。しかし地方に比べるとかなり高いということが言えます。安いところでもかなり住居費に生活費の割合を取られるので最初は生活が厳しいと思います。転職ということで東京に来る場合でも最初からそんなにお給料は出ないでしょうから給料が上がらないとギリギリの生活になると言えます。地方では2万円から3万円という安い賃貸であっても東京で借りるとその2倍以上はします。また物価が高いということもあります。ピンキリですので食費は切り詰めることは可能ですがそれでもお金が貯まらない生活になるかもしれません。

節約は必須で賃貸もとても安いところに住むべきでしょう。給料が安いところでも住宅手当が付いていれば何とかなると思います。また賞与が出るというところに勤めないと何のために東京に出てきたのか分からないということになるかもしれません。昔と違い東京に出て頑張れば何とかなるという訳でもありませんので地方で頑張れるならば頑張った方が楽な場合も多いと言えます。また首都圏だけが都会ではありませんので大阪や名古屋、札幌、仙台など大きな都市は他にもありますので東京にこだわるのは必ずしも正解ではないでしょう。