賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸と分譲の違いについて説明しました。また分譲でも貸すことができていろいろ判断に困る場合もあります。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸と分譲の違いについて

賃貸マンションと分譲マンションというものがあります。基本的に賃貸と分譲の違いというのは借りるものと購入するものという違いがあるでしょう。分譲マンションは部屋ごとに売られているもので、マンションには持ち主がいます。しかし、賃貸と違って部屋が壊れたり、老朽化した際には自費で修繕する必要があります。要するに分譲の場合は自分の持ち物と変わらないということです。また分譲マンションの場合は住むという目的が強いので住みやすい環境にあると言えます。住んでいる人達も家族で入居していてそれなりに安心できるところが魅力です。

賃貸マンションの場合も家賃が高いところは住みやすいところは多いです。しかし施設の設備など住むという観点で考えるとやはり分譲マンションの方がどちらかと言えば適していると言えそうです。また分譲の場合は自分でリフォームなど部屋を改造できる点が大きく違います。そしてそれを購入して誰かに貸すということも可能です。ですから分譲マンションでも賃貸で広告に出ていることがあるのです。ここら辺になると非常にその違いというのが紛らわしいですし借りる側としてはどちらでも良いような気がします。この違いに敏感な人というのは実際に住む人ではなく、むしろ不動産投資をしようと考えている人かもしれません。