賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸を借りるにはかなりの資金が必要です。基本的な初期費用とはどのようなものがあるのでしょうか。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸物件を借りるにはまず貯蓄から

新しく家を借りるには当然資金がいるので、引っ越し資金の毎月の貯蓄は大事です。賃貸を借りるときの家賃は、収入の30%くらいが理想とされています。例えば毎月の給料が15万円なら家賃は4万5千円の物件です。最初借りるときには一か月分の家賃と敷金と礼金が取られます。敷金は契約が満了になったら返ってくるかもしれないお金です。部屋を出るときに目立った修理箇所があったら、この敷金で払ったお金が補充されます。だいたい家賃の二か月分取られることが多いです。礼金は大家さんへのお礼という意味で、戻ってはこないお金です。こちらは家賃の一か月分は取られます。

仲介手数料というのも取られる場合があります。これは不動産屋さんの取り分で、物件を紹介してもらった手数料です。大抵家賃の一か月分になります。また、火災保険に入らなければならず、契約内容によりますが、最低でも1万円くらいの保険料を収める必要があります。これは契約期間の2年分の火災保険料です。火災保険に地震保険などもプラスするともっと高くなります。賃貸マンションの部屋を一つ借りるだけでもかなりの出費です。その他にも引っ越し業者へ払う費用もバカにならない高さです。また、今住んでいる部屋を退去する際に修繕費が取られるかもしれず、そう考えると引っ越し費用は沢山ためておいた方が健全です。