賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸経営をうまくするコツは、土地選びにポイントがあると思います。入居者を絞って、土地選びをしましょう。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸経営の土地選びとは

最近は、資産の運用として、賃貸経営を行う人が増えています。家賃収入は、不労所得の最も大きなものと言えるかもしれません。では、賃貸経営を行うために、アパートやマンションを建てる土地を選ぶ必要があります。その土地選びのポイントについてお知らせしたいと思います。

賃貸経営をする土地を選ぶのは、自分が住む土地を選ぶことではありません。より儲けが出るような土地を選ぶことが大切なのです。まず、土地を探すためには、ターゲットとなる入居者をポイントにしておくことです。入居者は、1つはシングルいわゆる単身者、もう一つはファミリーなどの家族世帯です。それぞれ選ぶべき土地は変わってくると言えるでしょう。まず、単身者向けのアパート土地選びは、駅から10分以内の立地であることが大事です。ただし駅から5分以内の土地は、価格が高いので、収益性を悪化させる可能性があります。だからあまりオススメはしません。一方、ファミリー世帯向けアパートの場合は、単身者では成立しない土地を選びましょう。ファミリーの場合は、駅から離れていても学校や幼稚園などが近い土地を選ぶことが多いです。車などを所有しているので、公共交通機関が少々離れていようが、あまり問題はありません。

賃貸に関連するオススメサイト