賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸マンションやアパートを契約する時に、敷金や礼金を払いますのでその意味と内容や金額についてです。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸でいう敷金や礼金とは

はじめて賃貸マンションやアパートを契約する時にとまどったのが、敷金や礼金や保証金といった言葉でした。借主が大家さんに、最初に払って戻ってくるお金が、敷金や保証金です。関東では敷金と呼び、関西では保証金と呼ぶ事もあるようです。ここでは一般的に敷金と呼ぶ事にします。敷金を納める意味なんですけれど。借主がもし仮に、家賃を滞納したり引っ越す時に修理が必要な時に、この敷金から修理費用にあてます。大家さんとしたら、どんな人が借りるか分かりませんので、最初に敷金としてお金を預かっておいたら安心ですよね。借主が部屋を退出する時に、修理も必要ないきれいな状態で部屋を出ると、敷金は戻ってきます。考え方は保証金のような感じですね。

次に、戻ってこないお金についてです。礼金や仲介手数料といったお金は戻ってこないんです。礼金は大家さんに対して払うもので、貸してくれてありがとうという意味のものなのです。ですので戻ってきません。最近は礼金なしの物件がかなり増えてきてます。そして、仲介手数料についてですが、借主と大家さんとの間に不動産屋さんが入り、契約をスムーズに仲介してくれるので、仲介手数料が発生します。不動産屋さんからしたら、必要経費ですよね。この二つは戻ってこないお金ですので、間違えないようにしておきたいですね。

賃貸に関連するオススメサイト