賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸物件の中でマーキングをされると後の原状回復に影響が出てきます。しつけによって解消もできます。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸でのペットの飼い方はマーキングのしつけ

犬と散歩をする時、ペットボトルを持っている人がいます。人によっては自分で飲むための水を入れていることもありますが、よく見てみるとそうではなさそうです。犬が用を足したあとにその水を流しています。対応は飼い主によって違っていて、そのままの人もいれば、流す人もいる状態です。マナーとしては、やはりきちんと流すようにすることでしょう。犬としては本能としてやっていますが、あまり良いことではありません。飼い主として、責任を取るようにします。

外においては水で流すことができます。問題は賃貸物件の部屋の中です。外でマーキングをしているから家なお腹ではしないかですが、そうもいきません。タンスであったり、柱などにするようなことがあります。当然物件を汚す行為になりますから、後々原状回復に影響してきます。また、においもそこに残ることになります。それを取ろうと思うと大変なことになります。自分の家であれば良いのかもしれませんが、借りているのですから、対処をします。

一番はしつけになります。マーキングをしないようにしつけることが大事になります。主従関係をしっかりすることで、縄張りを示す行動を取らなくなることがあります。一定の手術を行うことで、減ることもあるようです。

賃貸に関連するオススメサイト