賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸には集合住宅か一戸建てがあります。多くの方々は一戸建てを希望していますが、それは不足している状況です。

賃貸に住んでいて嫌なこと

人々が希望する一戸建ての賃貸とその物件数

住宅というものは、ご存知の通り数種類の形態があります。マンションやアパートなどもあれば、いわゆる一戸建てなどに分類されるものです。賃貸の物件もそれは同様で、やはりマンションやアパートや一戸建ての3つに分類されるものです。では果たして人々は、集合住宅と一戸建てのどちらの物件に住みたいと考えているのでしょうか。後者だそうです。借り家に住むことを検討している方々の中で、約75%ぐらいは集合住宅より一戸建てに住みたいと考えているのだそうです。ちなみに借り家ではなく持ち家の場合は、その傾向はさらに強まるそうです。持ち家の方々などは、全体の80%近くが一戸建てを希望しているそうです。

では一般公開されている物件情報の中で、一戸建てと集合住宅はどちらの方が多いと思いますでしょうか。後者です。一般公開されている賃貸の物件の中で、一戸建ての割合は全体の10%近くに過ぎないのだそうです。9割近くの物件は、集合住宅という訳です。すなわち多くの方々は集合住宅ではなく一戸建てに住みたいと考えている半面、その物件が不足している状況なのだそうです。となると今後の不動産業界では、一戸建ての賃貸物件の割合なども増えてくるのかもしれません。