賃貸に住んでいて嫌なこと

家賃が値切れるということを知らない人が意外と多いです。狙いの賃貸物件を定めて、担当者に交渉してみましょう。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸の家賃を値切るコツ

賃貸を借りたら毎月払うことになる家賃ですが、意外と家賃を値切って値下げすることができます。値切りやすい物件というのがあるのです。値切りやすいというのは、あまり借り手がつかない、人気のない物件ということですが、それでも探せば良い条件の部屋が沢山あります。

まずは築年数が古いと家賃を値切りやすいです。築10年以上がねらい目です。駅から徒歩20分以上の物件も、なかなか借り手が付かないことが多いので、交渉しやすいと言えます。窓の向きが悪くて日が当たらない部屋なども同じです。駅から遠くて日が当たらないことなど気にしない、という人は、不動産屋の担当者と家賃の交渉してみることをお勧めします。うまくいけば予想以上に家賃が低くなる可能性があります。

家賃の交渉は紹介してくれた担当者にします。そのためなるべく下見の時も含めて担当者とは仲良くしておいた方がいいです。なるべく安くしたい、予算が足りない、などと言ってお願いすると、担当者が大家さんに交渉してくれます。家賃ではなくて、礼金をゼロにする交渉も有効です。礼金は大抵家賃の1ヵ月分ですが、これをなくすだけでも初期の出費がぐんと抑えられます。家賃をまけるよりも確率が高いので、あとはあなたの交渉の腕次第です。

賃貸に関連するオススメサイト