賃貸に住んでいて嫌なこと

すぐ引っ越ししたいからと賃貸アパートを下見せずに契約するのは駄目です。色々チェックしないと駄目です。

賃貸に住んでいて嫌なこと

すぐ引っ越ししたくても賃貸アパートは下見をしましょう

特に引っ越しシーズンになると忙しくて下見ができないからとネットなどで賃貸アパートの条件を見ただけで契約をしてしまう人がいます。下見をしないで物件を決めてしまうのは絶対に駄目です。下見は単に部屋を見るだけではありません。そのアパート自体がどうなのか、アパートの周りがどうなのかを見るために行くのです。そしてそういうことはネットの見取り図を見てもわからないと思います。だからこそどんなに忙しくても下見に行くべきなんです。自分で下見に行けない場合は他の人にお願いしてでも最低限のことはチェックするべきだと思います。

最低限チェックしたいのはまず部屋が本当に見取り図と同じかどうかです。インターネットで掲載されている見取り図は情報が古く、実際の部屋と異なる部分がある可能性があります。なので実際にちゃんと見た方が良いですよ。それから次にアパートの共有部分です。賃貸アパートには廊下やエントランスなどの共有部分があります。この部分が汚くなっているとちゃんと管理されていないということになります。だから汚れているか確認しましょう。それから賃貸アパートを外から見るのも大事です。外から見ることでそのマンションの防犯面がわかるし、建物の周りの雰囲気がわかるので治安の良し悪しも判断できるはずですよ。こういうことをチェックしてから契約しましょう。

賃貸に関連するオススメサイト