賃貸に住んでいて嫌なこと

借りる賃貸アパートを失敗したくないなら朝と夜の2回下見に行きましょう。わかることがたくさんあります。

賃貸に住んでいて嫌なこと

賃貸アパートは朝と夜の2回下見に!

借りる賃貸アパートを選ぶときに絶対失敗したくないという人は良いなと思った部屋を2回下見に行きましょう。昼間と夜に1回ずつ行くとその部屋についてかなりのことがわかりますよ。まず昼間賃貸アパートを下見に行くことでその部屋の日当りの良し悪しがわかります。日当りは部屋選びで重要です。日当りが悪い部屋は洗濯物が乾きにくかったり室内がうす暗かったりします。だからまずは昼間、気になっている賃貸アパートの下見に行きましょう。日当りを確認したいのですから当然晴れている日に行きましょう。曇や雨の日は昼間でも日当りがわからないですからね。

それから夜に賃貸アパートの下見に行けばその地域の治安がわかります。夜見に行ったときにもし治安が悪そうだなと思ったらそのアパートはやめておくといいでしょう。また夜騒がしい地域だと安眠妨害の可能性があります。特に近くに飲み屋があって酔っ払いが騒いでいたりしたら絶対夜寝苦しくなります。こういうことは夜じゃないとわからないので夜下見に行ったときにチェックするようにしてくださいね。朝と夜の2回下見に行くのは正直めんどくさいなと思うかもしれません。確かに面倒ですが、下見をしなかったことで後で後悔するよりずっといいはずです。

賃貸に関連するオススメサイト